お見舞いにいってきました。

今日、父と一緒に祖母のお見舞いに行ってきました。
会話も普通にできる方で、個室で寂しかったらしくご機嫌でした。

慣れない入院生活にストレスを感じているようなのと、食欲がないのを母と叔父が心配しています。

私と父は予想以上に話ができた方に安心しているので、特に食欲がないことは動けないのもあると思い、リハビリが本格的に始まれば変わるんじゃないかと思っています。

大変でした、今やっと落ち着いています。

今日の夕方、作品を取りに行ったら祖母が倒れており、救急車で運ばれる大騒ぎになりました。骨折をしていますが、今は安静にしています。

ただ、私が着いた時雨戸が締め切られており、直ぐにただ事ではないと思いました。
飛び込んだ時、暗い中に倒れていたので最悪の事態を考えましたが、私の呼びかけに呻き声ながらも答えてくれたので助かりました。
立てなくなっており、耳遠いので自ずと大声で話かけるとだんだん意識がハッキリしてきました(うわ言も多かったですが)。
とりあえず優しく話しかけ続けながら、風通しよくし水を飲ませ父母連絡した後、ようやく骨折に気づいて救急車を呼びました。

何でもかんでもすぐ、笑いながら大丈夫と言ってしまうので困りましたが、とりあえず運ばれた後は機嫌が良さそうだったと母が言ってました。

心配ですが一息つくしかありません。
明日は仕事、作品の郵送もしなければいけませんが祝日というのを忘れていました。
祖母の骨折の手術も祝日明けのようです。

お誕生日です。

日記の前に一言。

こちらで個展の告知をしなくてすみません。
個展は無事終了いたしました。
次回に個展のレポートをまとめるつもりです。


 
 

さて、今日は私の誕生日です。
28になりました。

他の同じ年頃の人に比べると全然しっかりしてないなぁと思いつつも、その事ばかり気にし過ぎると完璧主義者病にかかるので、あまり言い過ぎないようにします。
でもしっかりしなきゃ・・・ジレンマです。

そんな今まで通りのグニャグニャ人間のようで、個展の後に、少しずつ進歩しているようだと親に言われたのがちょっと嬉しい。
いっきに進歩しなきゃと思ってるからこそ、何もできていないんじゃないかと考えて、何もできなくなってしまうの繰り返しで最近動けなくなっているので、少しずつ前に進めてると言われるだけでほっとします。

本当の理想にはまだまだ先は長いですが、頑張ります。

友達と版画勉強会

ひょんな事から仲のいい友達と版画勉強会をやっていました。

きっかけは久しぶりに会った際、元油画科の子がリトグラフに興味があると言ったことから。あと私もブランクがあったので、おさらいしようと思って…。
もう一人は今でもリトグラフで作品を作っていたので、お部屋にお邪魔して版画作りをやりました。

部屋でやりやすい木の板で作る、木版リトグラフ。
やっぱり暫くやってなかったので、ほとんど忘れてた…。
元油画科の子に、私が掃除中に発掘した版画専攻のプリントを持ってきたり、説明補足をしながら世界堂で道具を揃えて製版。
皆忙しいので、二週間くらい間が空いてから刷りへ。
工房でもないのに大変…足で踏んで刷ったり、木版で使うバレンで手刷りしたり。周りは水と薬品だらけ、手はインクでドロドロ、この感覚懐かしい…。

勉強会といってもお喋りしながらの和気あいあいとしたものですが…水彩絵具の方が色の伸び具合が滑らかだよねとか、刷ってる途中で彫刻刀で削ってみようとか、部屋で制作をするために普段から色々工夫してて参考になったり。
何はともあれ、短い時間の中で、必要最低限とはいえひと通りやり、みんなヘトヘトでした。

でも何よりも、勉強会以上に友達と会えた事が精神的保養になりました。
どうにもこういう事が出来る友達ははそんなにいないので、忙しい合間をぬって揃った事が嬉しかったです!

 

 

 

2014年のまとめ

今年のまとめというタイトルですが、そのまえに告知。
2015年1月7日〜16日に銀座 ART POINT GALLERYで「New Years Selection2015」に参加します。
来年もよろしくお願いします!
http://www.art-point.jp

−−−−−−−−−


 2014まとめ
今年も1年色々ありました。

・制作と作家活動
やはり今年のハイライトは個展。
二年ぶりなうえ前回よりも倍の広さの会場だったので緊張もしましたが、何とかやりきりました…。

その前にはGEISAIやART POINTでの3回の企画展に参加。

原宿のデザインフェスタギャラリーで1日展示に挑戦したりもしました。
1日展示の企画はその一回になってしまいましたが、スタッフさんが「飛び込みでも大丈夫です!」と言っていたのが印象的です。会場に丸一日過ごしたからこそ感じたのですが、来るもの拒まずアーティストに対して柔軟なんだなぁ。

個展以降は体調面の課題が大きかったですが、コミティアで画集「ペインと」を制作。


それとアトリエができたおかげで大きい作品の制作がしやすくなりました。
一室使わせてくれている祖母には作品のパネルなども作ってもらったり、様々なところでお世話になっています。


今年買った文具で気に入ったのが5分スケッチのために買ったsignoと、手帳用に使ってるHI-TEC-C coleto。
2つともサラサラ描けて且つ極細のペンがあり(特にsignoは最小0.28mm!!)スケッチや手帳に細々と描くのにとてもよい!


・行ったところ
今年も友達や好きな芸術家の展示に行きましたが、今年はあまりハシゴしなかったり逃した展示会も多かった。
それとあまり美術館やアートフェスとかに行ってない。来年はもっと行きたい。

遠出は最近の箱根一泊だけかな。法事の後に親戚に誘われて。

それと初めての個展をした銀座フォレスト・ミニが、今年からアンティークショップに生まれ変わりました。
いや、広い方のフォレストは残ってますよ!!
何度か挨拶をしたときに画廊の主の森さんがそんな事を話してたので予想はしていたものの、また挨拶に行く時分からなくなってちょっと焦った…。


・観たものや聴いたもの
一つ一つ気に入ったものをレビューしてきます。

「最強のふたり」
これ初めて観たの今年だった気がする・・・。「最高の人生の見つけ方」とかでも思ったけど、男2人がガハハと遊んでる様子って何であんな楽しそうなのだろうか。ホントに人生楽しんでるな。
とても良い映画でした。

「GODZILLA」
素晴らしいぜ…! 怪獣が暴れてるだけといえばそれまでだけど、日本ゴジラとハリウッドの壮大さがよく混ざってて、且つ現代版ゴジラとして観れて良かった。

「ジャンゴ」
昔の名作。ニンテンドーDSでこれがモデルのゲームありましたよね。それに限らず色んなところでオマージュされてた気がする。だって、主人公のジャンゴが渋くてクールでカッコいいんだもの!!

「ダイ・ハード」
昔の名作その2。いかにもハリウッドなハチャメチャアクションものの4瓩魎僂晋紊砲澆燭里如∪┐安定した名作に感じた。というかここから名シリーズになるわけだ。まだ最強の男になる前のマクレーンというのもあるし、展開にハラハラできた…。

「月刊少女 野崎君」
前々からオンラインで見てやっと単行本に手を出したら、既に母が全巻買ってた…!(仕事柄話題になってるものは大体チェックしてる。アニメ化が決まったから…?)
とにかくテンポがいいし小ネタが面白い。アニメも見ましたが、絵が綺麗だしよくできてました。

「妖怪ウォッチ」
実はアニメの方に一時期はまってた。配信でいっきに観れたので。
子供向けだし、1話完結だから見やすい。パロディーで話題になってるけど、何気に元を知らなくても楽しめるように工夫されてるように思える。細かく突っ込んでる時もあれば、勢いで笑わせにくる時もあるけど。

ヒトリエ「WONDER and WONDER」
今年のフルアルバム。その前のアルバム「イマジナリーモノフィクション」よりこっちが好きかも。
個人的イメージだけど、曲が突き抜けた感じ・明るい感じになった?ホントに勝手なイメージだけど。

きくお&しーく「いきものの魂のゆくえ」
アルバムのアートワークの完成度も高いですし、きくおサウンドとしーくさんの歌声が上手く融合されてトロけていくような感覚になります。

米津玄師「YANKEE」
アルバムで一つの世界感、から曲一つひとつで成立するアルバムになった印象。それでも歌詞には米津さんの中の一貫した世界を感じられます。どの曲も好きで、楽しんでいます。

ATOLS「ACID CAT」と「プリセット [DUBSTEP REMIX]」
こっちは敢えて曲単体。ATOLSさんきっかけでダンスミュージックやトランス系を時々聞くのだけれど、やっぱりそれ以上深くはハマれない。それでもATOLSさんということで聴いた、ちょっとハードでトンデくような曲でこの2つが好きです。ACID CATは多分猫の声で作ってるよね…自分、これ気に入ってるのは猫好きだからなのか?


レビューも書いたので長めな記事になってしまいました。

・来年の抱負
もう少し行ったところないところ行きたいとか、やった事ない事とかしたいとかいろいろあるけど、中途半端になってしまってるものもあるのでそれにちゃんと区切りを付けながら進んでいきたいです。

でも体調の管理をしっかり。
自信を持って、色んな人との関わりを大事にして。甘えたり、悩んだりで迷惑かけないように気をつける…。
でも自分の力量を考えて無理をしないようにする。
うーん…そんなところでしょうか。

はじめに書いたように早速展示に参加する予定なので、改めてよろしくお願いします。
それでは、良いお年をー。