友達と版画勉強会

ひょんな事から仲のいい友達と版画勉強会をやっていました。

きっかけは久しぶりに会った際、元油画科の子がリトグラフに興味があると言ったことから。あと私もブランクがあったので、おさらいしようと思って…。
もう一人は今でもリトグラフで作品を作っていたので、お部屋にお邪魔して版画作りをやりました。

部屋でやりやすい木の板で作る、木版リトグラフ。
やっぱり暫くやってなかったので、ほとんど忘れてた…。
元油画科の子に、私が掃除中に発掘した版画専攻のプリントを持ってきたり、説明補足をしながら世界堂で道具を揃えて製版。
皆忙しいので、二週間くらい間が空いてから刷りへ。
工房でもないのに大変…足で踏んで刷ったり、木版で使うバレンで手刷りしたり。周りは水と薬品だらけ、手はインクでドロドロ、この感覚懐かしい…。

勉強会といってもお喋りしながらの和気あいあいとしたものですが…水彩絵具の方が色の伸び具合が滑らかだよねとか、刷ってる途中で彫刻刀で削ってみようとか、部屋で制作をするために普段から色々工夫してて参考になったり。
何はともあれ、短い時間の中で、必要最低限とはいえひと通りやり、みんなヘトヘトでした。

でも何よりも、勉強会以上に友達と会えた事が精神的保養になりました。
どうにもこういう事が出来る友達ははそんなにいないので、忙しい合間をぬって揃った事が嬉しかったです!

 

 

 

2014年のまとめ

今年のまとめというタイトルですが、そのまえに告知。
2015年1月7日〜16日に銀座 ART POINT GALLERYで「New Years Selection2015」に参加します。
来年もよろしくお願いします!
http://www.art-point.jp

−−−−−−−−−


 2014まとめ
今年も1年色々ありました。

・制作と作家活動
やはり今年のハイライトは個展。
二年ぶりなうえ前回よりも倍の広さの会場だったので緊張もしましたが、何とかやりきりました…。

その前にはGEISAIやART POINTでの3回の企画展に参加。

原宿のデザインフェスタギャラリーで1日展示に挑戦したりもしました。
1日展示の企画はその一回になってしまいましたが、スタッフさんが「飛び込みでも大丈夫です!」と言っていたのが印象的です。会場に丸一日過ごしたからこそ感じたのですが、来るもの拒まずアーティストに対して柔軟なんだなぁ。

個展以降は体調面の課題が大きかったですが、コミティアで画集「ペインと」を制作。


それとアトリエができたおかげで大きい作品の制作がしやすくなりました。
一室使わせてくれている祖母には作品のパネルなども作ってもらったり、様々なところでお世話になっています。


今年買った文具で気に入ったのが5分スケッチのために買ったsignoと、手帳用に使ってるHI-TEC-C coleto。
2つともサラサラ描けて且つ極細のペンがあり(特にsignoは最小0.28mm!!)スケッチや手帳に細々と描くのにとてもよい!


・行ったところ
今年も友達や好きな芸術家の展示に行きましたが、今年はあまりハシゴしなかったり逃した展示会も多かった。
それとあまり美術館やアートフェスとかに行ってない。来年はもっと行きたい。

遠出は最近の箱根一泊だけかな。法事の後に親戚に誘われて。

それと初めての個展をした銀座フォレスト・ミニが、今年からアンティークショップに生まれ変わりました。
いや、広い方のフォレストは残ってますよ!!
何度か挨拶をしたときに画廊の主の森さんがそんな事を話してたので予想はしていたものの、また挨拶に行く時分からなくなってちょっと焦った…。


・観たものや聴いたもの
一つ一つ気に入ったものをレビューしてきます。

「最強のふたり」
これ初めて観たの今年だった気がする・・・。「最高の人生の見つけ方」とかでも思ったけど、男2人がガハハと遊んでる様子って何であんな楽しそうなのだろうか。ホントに人生楽しんでるな。
とても良い映画でした。

「GODZILLA」
素晴らしいぜ…! 怪獣が暴れてるだけといえばそれまでだけど、日本ゴジラとハリウッドの壮大さがよく混ざってて、且つ現代版ゴジラとして観れて良かった。

「ジャンゴ」
昔の名作。ニンテンドーDSでこれがモデルのゲームありましたよね。それに限らず色んなところでオマージュされてた気がする。だって、主人公のジャンゴが渋くてクールでカッコいいんだもの!!

「ダイ・ハード」
昔の名作その2。いかにもハリウッドなハチャメチャアクションものの4瓩魎僂晋紊砲澆燭里如∪┐安定した名作に感じた。というかここから名シリーズになるわけだ。まだ最強の男になる前のマクレーンというのもあるし、展開にハラハラできた…。

「月刊少女 野崎君」
前々からオンラインで見てやっと単行本に手を出したら、既に母が全巻買ってた…!(仕事柄話題になってるものは大体チェックしてる。アニメ化が決まったから…?)
とにかくテンポがいいし小ネタが面白い。アニメも見ましたが、絵が綺麗だしよくできてました。

「妖怪ウォッチ」
実はアニメの方に一時期はまってた。配信でいっきに観れたので。
子供向けだし、1話完結だから見やすい。パロディーで話題になってるけど、何気に元を知らなくても楽しめるように工夫されてるように思える。細かく突っ込んでる時もあれば、勢いで笑わせにくる時もあるけど。

ヒトリエ「WONDER and WONDER」
今年のフルアルバム。その前のアルバム「イマジナリーモノフィクション」よりこっちが好きかも。
個人的イメージだけど、曲が突き抜けた感じ・明るい感じになった?ホントに勝手なイメージだけど。

きくお&しーく「いきものの魂のゆくえ」
アルバムのアートワークの完成度も高いですし、きくおサウンドとしーくさんの歌声が上手く融合されてトロけていくような感覚になります。

米津玄師「YANKEE」
アルバムで一つの世界感、から曲一つひとつで成立するアルバムになった印象。それでも歌詞には米津さんの中の一貫した世界を感じられます。どの曲も好きで、楽しんでいます。

ATOLS「ACID CAT」と「プリセット [DUBSTEP REMIX]」
こっちは敢えて曲単体。ATOLSさんきっかけでダンスミュージックやトランス系を時々聞くのだけれど、やっぱりそれ以上深くはハマれない。それでもATOLSさんということで聴いた、ちょっとハードでトンデくような曲でこの2つが好きです。ACID CATは多分猫の声で作ってるよね…自分、これ気に入ってるのは猫好きだからなのか?


レビューも書いたので長めな記事になってしまいました。

・来年の抱負
もう少し行ったところないところ行きたいとか、やった事ない事とかしたいとかいろいろあるけど、中途半端になってしまってるものもあるのでそれにちゃんと区切りを付けながら進んでいきたいです。

でも体調の管理をしっかり。
自信を持って、色んな人との関わりを大事にして。甘えたり、悩んだりで迷惑かけないように気をつける…。
でも自分の力量を考えて無理をしないようにする。
うーん…そんなところでしょうか。

はじめに書いたように早速展示に参加する予定なので、改めてよろしくお願いします。
それでは、良いお年をー。

コミティアその時とその後

さんざん宣伝していたコミティア出展でしたが…朦朧としていた1日でした。

スペースに来て頂いた皆様、申し訳ありません。



というも、途中から頭が熱くなり凄くだるくて立っていられなくなって寝落ちしてました。

しかも座ったとたん睡魔に襲われ眠気覚ましのスマホも指を置いたままという状態。



コミティアの展示ブースはお座敷スタイルなので座り込んでても違和感なかったでしょうけれど。

でも座布団のようなものを持ってこようとしててスッカリ忘れたので…いろいろと心配されそうな有様になってたと思うとちょっと恥ずかしかったような、それどころではなかったような…。



それでもはっと起きた瞬間に目が合って「どうぞ見てってください」となんとか言ったら立ち寄ってくれた方々もいらっしゃいました。

そして、終わる1時間くらい前に目をさました瞬間「これください」と2人連続できたりもして。

それに関しては、もしかしてブース回った後に当たりつけて帰る前に買いにきてくれた…?邪推ですが。

特に後者の方々が現れたときは、終わる前に帰ろうと思ってたところを最後までいようと思って頑張りました。

結局それで最後でしたが・・・。



作家本人がこんな状態でも冊子・ポスカを買って頂いた皆様には、ほんとうに感謝いたします。



−−−−−−−−−





予定していた理想の完成形

・冊子には痛々しい描写が多いので絆創膏がおまけで配布。普通に自分に使ってもいいし、絵のどうしても痛いと思ったページに貼ってもよし。

・冊子のデジタルイラストと、それに使用する鉛筆原画をアクリル絵画にし、同じ線画で独立した作品にして展示・販売。

・ただ着彩方法を変えるだけではなく、冊子の中のイラストでは複数の原画を合成して一つの作品になっていたりするというギミックもある。それを見比べてもらいたい。

・こういうコンセプトというのもあり、とりあえずアナログ作品の撮影はOK。



このように予定していたのですが…。

アナログの着彩が間に合わなかったり、ぼんやりとしていたので色んな説明や配布ができないまま終わってしまいました。



出展自体やめようか色々考えたのですが、ここに至るまでに色んな人に迷惑をかけたり逆に助けてもらったり、冊子が完成してるならせめてコンセプトの片鱗を見せたいと思ったり、変に引き延ばしてもダメだろうなぁ…とかいろいろ頭の中で巡って、このような形で出す事になりました。








ちゃんと理想の形での展示の機会ができるよう…他の制作を続けながら、この作品一点一点も完成させたいと思います。



冊子の方はいつもより多めに刷ったので、今まで通り展示の度に持ってきて売っていこうかなとも思ってるんですが、今のところ物販もできるような展示に参加する予定がしばらくないので、通販もやってみようかな…とか考えてます。



−−−−−−−−−



でもこれからの制作を進行するにも、この体調の悪さを何とかしないといけない…。

ということで、とりあえず内科に行ってきました。







相談したい症状をまとめると。



個展前後にあたる5、6月から体調が崩れやすくなる(特に不眠になりやすい)、いつもだったらストレスは胃にきてたのに息が変になるようになる事が多くなって、9〜10月頃になると軽ーく頭痛?めまい?みたいなのも起るようになって、10月後半〜11月あたまから発熱・ほてりが頻繁に起るように…。



おいちょっとまて、どう考えてもメンタルだろこれ。

緊張する場面で起りやすい気もするし…。



一応そっちの方にも個展の前になんとかしようと電話をかけたら、予約が個展も過ぎた一か月先までいっぱいみたいで…。(他の内科も最低二週間先だと父の話)

それを聞いただけで億劫になって…。

それに休みをもらったりして家でのんびりすると大体良くなるし、作品作るのに神経使うししょうがないかーと思ってた。



だけど胃→呼吸器→頭→発熱と体に出る症状が少しずつ悪化してる感じで流石にヤバそう…。







でも、体の表面に出てるところもあるし、直ぐに見てもらえそうと思って父も世話になってる内科をえらんだのです。

とりあえず体に出た症状を説明して(上とほぼ同じ内容)、自律神経失調症じゃないかといわれました。



そのことも自分で疑ってたので「やっぱりな…」と思いながら、内科的に異常がないか健康診断。

結構設備があって、レントゲン、心電図、血液検査、尿検査。

久々に一通りやってもらいましたが、結果がまだの血液以外は異常なし。



んで、意外だったのが漢方薬も処方できると言われた事。

漢方に抵抗はないし、むしろ東洋医学の方が効いてる事が多いのでお願いしました。

漢方に詳しい女性のお医者さん(?)がじっくり丁寧に話を聞いてくだって、別に細かく調合するわけじゃないのに余計な話しもしちゃったかな?という感じでしたが、聞くのが上手いので嬉しくなっちゃって思わず…。



見てみたら普通に市販されてる漢方薬だったけど、保険が利くので格安だった…!

とりあえずこれで様子見てみます。







今もまだ微熱が続いてて家では冷えピタ貼ってます。でもバイト行ったりして動けてます。

あとの根本的なメンタル面に関してはどのみち気長にやってかなきゃ行けないことだと思うので。



自分を狂わすのも絵なんだけど、落ち着かせるのも絵なんです。

絵をかけてると、わりと落ち着くんです。

なのでほんとはグタグタあんまりいわないでストイックになりたいなーとか。



だらだらと長くなってしまいましたが、このへんで終わりにします。

コミティア110+X4出展のお知らせ

 直前ですが…告知です。
以前お知らせしていましたが、コミティア110と同時開催の「コミティアX4」に参加します。
場所は東京ビックサイト 東4・5・6ホール、時間は11:00〜16:00まで。
スペースNo.「X201」です。

新刊「ペインと」の冊子販売と原画展示します。
今回は「痛み」がテーマ。A5サイズ、16Pフルカラーのミニ冊子です。
 
スペースにはポストカードなども置いてありますので、よろしくお願いします!

コミティアに向けて制作中

他のところでは度々言っていたのですが、11月23日のCOMITIA110と同時開催の「コミティアX」に出展します。
本日案内書も届きました。スペースナンバーは「X102」です。

念のため説明すると、自主制作の出版物を展示・即売できるというイベントであるのがCOMITIA/コミティアですが(最近はテーブルの上で本と一緒にグッズ出す人も増えてます)、今回は三十周年記念ということで本を置けるようにテーブルしかないはずのスペースに壁面を置いたり展示主体で出展できるスペースができています。

一応、ミニ画集を出すのですが、同時にその画集に関係ある展示になります。

ミニ画集というのは二冊出しているDrawing Collectionシリーズの最新版です。
Drawing Collectionは「やわらかい機械」や「無限への幼態」を見ての通り、毎回描くテーマは違いますが、この画集は何かのコンセプトを持って一つの画集を作るというのを目指してやっています。

今回のテーマは「痛み」。
そして一つの線画がデジタルとアナログで違う作品になる、というものを考えています。

−−−−−−−−−

近況。

実は一昨日、iPhoneのパスワードを忘れてしまうという大変な事があって・・・。
バイト先に行く途中でiPhone再起動したら指紋認証ができなくなって・・・。
通知もダメ、電話もダメ、もちろんsiriもダメ。
こないだ機種変更した時に適当なの入れてメモとってなかったので・・・そのせいで工場出荷状態までリセットして。
データはなんとかiCloudで拾えて最悪の事態は免れたけど。
怖かった〜。

あとずっとiPhone4だったので指紋認証は今回初で、そういうのも知らないまま不具合をいつもの調子で再起動したら・・・。
でも普段使うとき触るだけで開いたりとか意外と起動早くて便利(フォロー)。

あとあの状態になると、パスワード間違えていくたびにどんどん次動かせるまでの時間が増えてくんですね…しかも調べてみたら間違えすぎると自動的に初期化しちゃうんですね。
危うく60分後も粘ろうかと思ってたからさらに危なかった。
まあそれだけiPhoneはセキュリティが凄いということで(さらにフォロー)。