裏Pixivフェスタ Vol.2にて

 裏フェスたん


裏PixivフェスタVol.2に参加させていただきました!

ちなみに上のイラストは主催の一人、さいとうさんデザインの裏フェスマスコット「裏フェスたん」を描かせていただいたものです。

※募集は終わっています。

一応言っときますが裏フェスたんの背中に乗ってるのは私のオリジナルで、イケメン騎士田さん(メル類)です。




さて裏フェスの様子はというと、デザインフェスタギャラリーまるまる一館借りる程規模を広げお祭り状態で賑やかだった本家PixivフェスタVol.3に比べ、手作り感はあるものの自由な形態での発表が可能である(それが故デジタル絵をプリントしたにもの限らずアナログ絵も多かった)裏Pixivフェスタはまた違う空気感がありました。



裏フェス01
会場入り口。

この写真は展示準備中の時に撮ったもの。
見ての通り大きさも形態もバラバラ。逆を言えば"裏"ならでは。

裏フェス02
私の一角のみ拡大。このような形で展示してました。
一番上がデジタルでの新作に、版画作品四点。
ちなみに下の大っきなキャプションは主催のしんくさん、さいとうさんによる手作り!



本家(PixivフェスタVol.3)と裏(裏PixivフェスタVol.2)の比較。


一つの印刷所に委託する本家Pixivフェスタでの作品は全てA1サイズ程のタペストリーに印刷され展示されるので会場全体の統一感は出るのですが、逆に決められた形の中で自分の個性を出すのは大変だと思います。

もちろんなんでも自由なら楽というわけではないのですが、その枠がない裏の方は展示の仕方、額装の仕方でその作家の人間味が出てくるのが裏Pixivフェスタの楽しみ方だと思います。

それと、本家もアナログ・デジタル特に差別なく募集はしているのですが、結局一律にプリントアウトするのでアナログ作品はスキャニングしなければならず、アナログで描く作家の中には満足できない方もいるようです。
(それでも原画としてアナログ作品をすぐ横に置いたり、ファイルにまとめたりしていました。それとアナログ作品を自由に置けるスペースが本家にもあったりするのですが)

こう見ると本家は本家の「限界」があるようです。

最初の裏の発端は本家の抽選に落ちてしまった方々の集まりだったようですが、今回はそのくくりなしで行こうとしたとしんく・さいとう氏は言っていました。
私は落ちたので来たのですが、本家の「限界」から解放された展示企画としてこれからも住み分けていけたらいいんじゃないかなと思っています。

ただもちろん今ぐらいのこぢんまりさをキープで(笑)
それがここの良さだと思っているので。



最後に付け加えておきたいのは、本家の「限界」が悪くはない。
規定の中でどう工夫しようかという挑戦が創作の力になることもあると思っているので。
なによりも本家はやはり本家なので、もっと沢山の人の目に留めてもらえるということ。

作家同士の出会いと交流の質に関しては本家も裏も案外同じぐらいだと思ってます。
お客さんよりも両方を行き来する人も多いし。



以上。2つのフェスタを堪能した者の勝手な意見でした。



それと、ここからは個人的な最近の反省。
展示展示ばかりに気を取られ、知人・友人にDMを送るということを怠っていた事。
というか、あまりにも頻繁にありすぎてしょっちゅう送るの迷惑かなとためらいだしてしまったというのもあるのですが。

でもたまたま版画科の友達に「明日展示なんだけど、今急に○○(友達の名前)がやってた額装の仕方をやってみたいんだけど教えてくれない?」と電話したら「いいよ。ついでに行けるかどうかわからないけど展示会場教えてくれない?」と普通に言ってくれたので、あ、しまった…と思ってしまったのです。

宣伝活動自体が、制作に追われおっつかなくなってたのが前から気がかりになっていたので、これから何とか対応していきたいと思っています。



これが個人的な反省です。
まあ、暫くは卒業制作ももう進めなきゃななので展示は控えると思いますが…。

ちょくちょくデジタル絵でPixivの企画なんかに投稿しながら新作制作できたらなとか思ってます。
好きな絵ももうちょっといっぱい自由に描きたいなとか。

ともかく、もしまた何かあったらまたよろしくお願いします(-▽-;/

スポンサーサイト

コメント

>さいとうさん
さいとうさんこそお疲れ様です!
一参加者としていろいろお世話になりました><

父はあんな感じで若い人達と話すのが好きな好奇心おう盛な人なのです。
というか変わった人です。

二枚目の写真はプライバシー保護のためメル類たちにご協力いただきました。

裏フェスおつかれさまでした。お父様は気さくな方でしたね〜素敵です。しかし……二枚目の写真www

  • さいとう
  • 2010/06/16 01:40
トラックバック
この記事のトラックバックURL