銀座ってきた

本日は、デザフェスで出展されてるのを観てから好きになった村上萌さんの個展を観に銀座へ行ってきました。

奇遇にも小さな作品展をやっていた幸伸ビルディングが会場でした。
以前から何度も借りているようです。

(ちなみに小さな作品展は地下ですが、こちらは二階。ビル全体がギャラリーなんですね)

本人に許可をいただいたので、様子を載せます。
※一連の画像はクリックすると拡大します。

このような可愛らしい絵を描かれています。
写真では解りにくいですが、全て鉛筆で丁寧に書かれています!!

プライバシー保護のため、メル類を貼り付けてます(^^;
手前の絵だけではなく、展示中の絵もまだコリコリ修正していました…。
ライトが当たると細かいところが気になってくるそうです。


村上萌さんの公式HPはこちら

今回の展示は終わってしまいましたが、やはりパソコン上だと細かい質感がボケてしまうので実物を見た方がベストです。





さて、話は変わりますが、せっかくの銀座なのでちょっとウロウロしてきました。
半分以上が高そうなお店ばっか。もちろんH&Mとかユニクロとかありますが。

あと裏通りのさらに狭い路地へ入って飲食店裏のこぢんまりとした稲荷神社や猫の集会や、ゴリラのオブジェとかちょっとモヤってる場所も発見したり・・・。



そんな感覚でたまたま可愛い茶器やオシャレなパッケージのお茶があるお店があったので入ってみたら、店員さんがお茶の話を喋る喋る。



実は一緒に来てた父が、ちょっとだけの間缶のお茶飲んだことあるだけだったんだけど「お茶好きなんですか!?」的なテンションになってどんどん年代物のワインのごとく棚に陳列されている高そうなお茶缶をどんどん持ってきて香りを楽しませてくれる。

実は60年ぐらい続く老舗お茶専門店「マリアージュ」。
上はサロン、地下は茶器などの展示場になっている凄いところだった。

要はお茶の専門家である店員のお兄さんは一生懸命話を聞く我々に目を輝かせてうんちくを語ってくれる。

「市販されているダージリンというのはだいたい10%ぐらいしか入ってなくて、ここには本物のピュアダージリンがあるんです!!インドに56個(・・・だったっけ?)しかない茶畑でしかダージリンは穫れないんです!」
と言って持ってきて嗅がせてくれる。確かに普通のダージリンとは違う甘い香りがする!

「しかもフレーバーでもないのにこの花のようなフルーツのような甘い香りがするのは、なんの加工も無い、その土壌で生まれる香りなんです。まさに地球の奇跡、大地の贈り物なんです・・・!!

お兄さん語りきたぁぁぁぁぁ!!!!



・・・そんなこんなで長い間面白い話を聞かせていただいた情熱に負けて、というかもとから何かしら買う気だった父は買ってしまいました!!!ピュアダージリン!!!

「これはホントに人によっては一番おいしいとまで言われてるものなんです、ここぞ!と言う時に飲んでくださいね!それで、これを機にもっといろいろお茶を楽しんでくださいっ!!」

あんたホントお茶大好きすぎるだろーーーー!!!
リ○トンばっか飲んでる親子なのに買っちゃって申し訳ないぐらいだよっ(汗)



これがその100gうん千円もするお茶。写真がイマイチ。
この缶がシックで良い。

確かに美味いっ!
何この香りっ、甘みっ!!
ダージリンだけど今まで飲んだのよりあまり苦くなくて後味がまろやか…。





と言った具合に、話が個展から思いっきりずれてしまいましたが、萌さん頑張ってください!
お茶屋のお兄さんも面白くて好きだっ!!!

スポンサーサイト

コメント

>paulsさん
コメントありがとうございます!
たぶん茶園はジュンパナです。私たちもいれる時にケチってしまいそうです…(^^;
やはり専門家がいれると美味しいんですね!
サロンには寄らなかったので、行く機会があったら飲んでみようかな。

萌さんの絵、素敵ですよね(><)

  • まみな
  • 2010/03/30 00:07

おいしそうですね! マリアージュフレールのダージリン どこの茶園ですか? 専門店で淹れたお茶は格別。 家で同じ茶葉なのに時間も同じなのにーー何かが違う 茶葉をケッチった報いでしょうか。マリアージュのお店だったところも今はルピシアになっているし、ルピシアが悪いわけではないのでしょうがイマイチです。 かわいい絵ですね!
心がなごみます。 それでは失礼します。

  • pauls
  • 2010/03/29 12:17
トラックバック
この記事のトラックバックURL