個展の思い出 -2016年度個展「めぐりめぐる」-

まだまだ暑い日が続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

ひと月以上経ってしまいましたが、7月に行った個展をせめて写真をまとめてお送りします。

やはり最近はfacebook、twitterでの宣伝が中心になっているのでいつも忘れてしまいます。

 

 

個展会場パノラマ写真。※クリックで大きくなります

 

 

今回は今まで作ったポストカードを全部持っていったので置ききれず、一枚ずつ見本としてまとめておいてました。

その場しのぎで効率が悪いとは思ったのですが、それでもポートフォリオ代わりに見てもらったり買っていただくことが多くありがたかったです。

 

 

 

 

これらが今回の新作でした。

一つはサイズF40号で「メデューサ会議」。

五つの小作品は10×10cmのパネルで「脳内日々」。

 

 

 

これらはお買い上げいだだきました作品たちの一部です。

上の作品は同会場で4月に行われていた「ACT小品展」に出した二作品のうちの一つです。ちなみにもう一つは小品展会期中にお買い上げされています。制作ギリギリすぎて写真が撮れなかったのですが、一応、ACT(アートコンプレックスセンター)のオンラインショップの方で今のところアーカイブが残っていますこんな作品でした

さらにシリーズ化して欲しいとの意見も頂きました。

 

 

 

 

 

今回も沢山差し入れをいただきました。

お知り合いの方には会期中お腹が減っているだろうとサンドイッチもいただきました。

何から何までありがたい・・・。

 

 

 

個展終わったその後どうしていたかというと、展示を終える直前にコレクターさんの一人が既にお買い上げが決まったこの作品と同じ絵を描いて欲しいと言われ、初めて絵画の依頼を受けて描き上げたりしていました。

 

 

 

−−−−−−−−−

 

そんな風に初めての経験が全くなかったわけではなく、いろんな方々に楽しんでいただけたしお褒めの言葉もいただいたのですが、既存の作品も多く、変わり映えのない展示会になってしまったことが今回の反省点です。

 

 

それを見透かしていたであろう館長に、もっともっと良い個展にするため、来年は会期をずらし期間を少し開けて会場も一回り小さくすることで次回の展示は新作で埋められるよう頑張りましょうという話になりました。

 

 

なのでモチベーション向上のため、とりあえずアトリエ行く回数を増やしたいです。ただ、この暑さのため依頼の絵は家で描いてました・・・。

それでもこの時期が一番好きなので、例年このあたりの会期でやる個展は実は楽しかったのです。

 

次回は冬場になると思いますが、またよろしくお願いします。

GEISAI#18ありがとうございました。

GEISAI#18の展示に来て頂いた皆様、ありがとうございました。
展示の様子はこんな感じです。


アクリルによる小作品の新作が勢揃いです。

あと低いけど壁を作ってみました。
今までの展示方法よりかは小作品を安定して見せられたかなと思うけど・・・やっぱり低いなぁ。
他のイベントに比べれば人が少ないから、みんなしゃがんで見てくれてたけど。



話は変わりますが、前回GEISAIで私のブースに来て頂いた方々がまた見に来て頂いて、ほんとにありがたいです。
個展にたまたま来ていたご縁だったり…場数は踏むものだなぁ。

そのうちの一人は前回の#17で「あれ?もっと大きいの描いてなかったっけ?」(さらに前のGEISAIでの展示を覚えててくれた)と話しかけてきてくれた人で、今回も来てくれました。
その方に前回話したのですが、大学卒業すると大きな版画を作れる工房がないので、大学時代程の版画作品をまた作るのがなかなか難しいのです。(あと版画以外の制作も行ってるのもあって…)
ただ、版画ではなくアクリルか油絵で100号以上の大作を描こうという野望を持っています。
下田ひかりさんの大作見てから、一度私もあんなの描いてみたいなぁ…とおもってて。

※リンク張りましたが、展示会で実物見た方が絶対いいです!・・・ステマではない。



あと、外人の女の子がカワイイ!カワイイ!と何度も言ってくれて、私もセンキュー!センキュー!と嬉しくって何度もおじぎしたけど…考えてみれば嬉しい時も、謝罪する時も、ぺこぺこ頭を下げる日本人って変だろうなぁ。

あともちょっと英語鍛えなきゃ…会話以前の問題で、リスニングがガンガン落ちてる気が…。
いや、実を言うと日本語のリスニングも落ちてるんだけど…orz



そういえば、メル類を見た人に「癒されます♡」と言われて反射的に「ありがとうございます!」と言っちゃってるが、作品のコンセプト的にはその返し微妙かもなぁ…と思ったんだった。
もちろん作品によるのだけど、今回結構心の中にある痛々しいもの(自傷的なものとか)を表現したものが多かったので、ちょっとその返しは作者として失敗だったかなぁ…と思ってしまった。
でも、自分のギスギスした心をメル類化することで癒してるって面もあるから…うーん。




ちなみにさり気なくヒポカンプス最新号を発行してました。
印刷所が間に合わなくて自宅刷りだったので少数ですが、全て持っていって頂きました。

ちなみにホントはVol.5です。
その場で訂正してます(--;



会場の雰囲気もお見せできたらよいのですが、写真もっと撮ってるかなぁと思ったら全然撮ってなかった…ダメやん。
でも全体の雰囲気として規模拡大と共に、GEISAIの企画ブースが増えてきて少しビックサイトの頃の雰囲気に戻ってきたかなと思いました、賑やかさが。

あと偶然お隣が岸べぇさんだったんだ。
出入りするとき、何度も絵を倒してすみません。でもお隣がお知り合いだったおかげで少しリラックスできました。



そんなこんなでダラダラとした感想ばっかりになってしまいましたが、おかげさまで#18終了しました。

で、継続は力なりということで#19も申し込んでいます。
次回のGEISAIは9月ですので、またよろしく。

アトリエ・トロワでの展示風景

遅ればせながら、9月に参加した「illustration exibition-秋の気配-」の展示の時の写真を頂きました。
搬入・搬出どころか会期中も行くことができず、スタッフさんに任せっきりでしたが…。



アトリエ・トロワ

アトリエ・トロワ

これが会場の全体の雰囲気の写真。
可愛らしいです。


アトリエ・トロワ


今回の作品は新作1枚とGEISAIで出した2点を出しました。
GEISAI2点は自宅のインクジェットで出力したのをパネルに張ってみたもので、A4までしかできないので小さい作品になってしまいましたが、今回の展示にはちょうど良かったです。



ご来場いただいたお客様、展示をさせて頂いたアトリエ・トロワのスタッフの皆様、ありがとうございました!

個展を終えて。~ここにつどった~


個展を終えてからあっという間に3日が経ってしまいました。
画廊のオーナーさん含め、ご来場していただいた全ての方に感謝の言葉を贈りたいです。



今までイベント参加や合同展とは違い、1人で1つの空間を作り上げるので、楽しんでもらえるようなものをちりばめたつもりです。
以前からリクエストの多かったメル類フィギュアを会場内に忍ばせ探してもらうプチイベントを勧めたり、お茶菓子をRC台車(!?)で遠隔操作したり、それに驚く様子を見て私もニマニマ楽しんでいました(-v-)*



ただ、個展はより来場した方々とより密になって話すことが多かったので大変でした。
勿論今までも質問されたりというのはありましたが、ガヤガヤしているイベント会場と、時にはイスを勧めてくつろいでもらう個展会場とでは同じ直接作者に会う対話でも、どんな感想を言おうか、どんな意見を聞こうか、という心構えが違う気がします。

それに画廊の関係で画家やコレクターなど、より美術関係に縁の深い方もぞろぞろやってくるのでさらに深く話し込んだり…。
ただその分、作品の扱い方自体のアドバイスやより深い美術の話になったりして、緊張したけど…いやまぁ、為になったしちょっと楽しかったです。

それでも上手く答えられなくなった時は結局落ち込んだり悩んだり…。
後半はやっと慣れてだいぶ自分の気持ちをまとめられた気がしますが、プレゼンテーション能力も試された6日間でした。




こちらは知人・友人の皆さんからの差し入れです!
写真には私物も混ざって入るもののも、ほとんどは頂き物です。ありがとう!!!(=∀=)/



------
※後日談。上のマカロンの箱に詰まっていたクッション材はヒジキ(猫/♂)の獲物になりました。あんまりにも遊びたそうだったので。
無論マカロンは無事です。


少しの間だったけど、なかなかの噛み付きっぷり。
------



脱線しましたが、来られなかったという方のためにもHPの方に今回の個展の様子を載せようと製作中です。
ついでにHPにまた手を加えるかもしれないし、後に回すかもしれないし。



今回の個展本当にありがとうございました[(__)]

個展始まりました!!


日付変わりましたが、ひとまず銀座での個展初日を終えました。
早速色んな人に来て頂いて嬉しい限りです。

今日から7日まで、よろしくお願いします。



そうそう、上の写真に載ってるのは以前配布したフリーペーパー「ヒポカンプス」です。
今回のため再発行と第2弾を作りました。


是非2つともお手にとってください。



他にもメル類フィギュアが会場のあちらこちらに隠れていたり、謎のラジコンがあったり、いろいろ仕掛けを施してお待ちしております。